Top >  ユニットバスお薦めグッズ >  【P10倍 12/26 9:59マデ】カビトリ用洗剤 泡タイプ 300ml

【P10倍 12/26 9:59マデ】カビトリ用洗剤 泡タイプ 300ml

【P10倍 12/26 9:59マデ】カビトリ用洗剤 泡タイプ 300ml
【P10倍 12/26 9:59マデ】カビトリ用洗剤 泡タイプ 300ml
価格: 113円
販売元: ケンコーコム

商品説明文「カビトリ用洗剤 泡タイプ 300ml」は、泡のチカラでいやなカビもすっきり落とす防カビ剤です。浴槽・タイル・洗面器等にお使いいただけます。使用上の注意・体調がすぐれない方や、心臓病、呼吸器疾患の方は使わない。・必ず単独で使用する。酸性タイプの製品や食物、アルコールと混ざると有毒なガスが発生して危険。・一度に大量の使用は避ける。また続けて長時間使わない。・炊事用手袋、マスク、目の保護に眼鏡等を使用する。・浴室の戸や窓を開けたり、換気扇を使用するなどして、必ず換気をよくする。2ヶ所以上あけると効果的。・使用の時は液が目に入らない様にする。・目より高いところには絶対スプレーしない。・壁や天井等顔より高いところに使う時はスポンジ等につけて塗る等、液の飛び散りや垂れのないように注意する。・作業が終わったら、必ず手を洗う。・用途以外に使わない。・他の容器に移して使わない。・動物性のハケ、またはブラシは使わない。・外国製のタイルやユニットバスは変色することがあるので、目立たない部分で試してから使う。・浴槽に垂れ落ちた場合はすぐに水洗いしないと変色する場合がある。・衣類や敷物、木製品に液がついたら脱色するので注意する。・子供の手の届く所に置かない。・直射日光を避け、高温のところに置かない。・倒して保管しない。・破損を避けるため、落とさない。・このスプレー容器は「カビとり 泡タイプ」専用。他の洗剤、漂白剤を入れない。用途浴槽内のカビ汚れ(浴室の壁やタイル、目地、浴室のマット、小物類、扉等のゴムパッキン)使用方法1.専用スプレーのノズル先端部を回して泡の印にきちんと合わせる。2.汚れから15cm離して直接カビ汚れにムラなくスプレーする。(目より上に絶対スプレーしない。顔に向けない。)3.数分放置し水で充分洗い流す。4.使用後はノズル先端をバツ印にきちんと合わせ冷暗所に立てて保管する。5.作業後は必ず手を洗う。(バツの位置でレバーを引かない。泡の印にした時、液が飛び出すことがある。)●使えないもの●砂壁、繊維壁、漆喰壁、クロス壁、ホーロー・アルミ・真ちゅう等の金属製品(サビの原因になる)*パッキンやコーティング剤の内部に食い込んだカビには効果がない場合がある。●使用量の目安●1平方メートルあたり約20回スプレー応急処置・目に入った時は、すぐ水で15分以上洗い流し眼科医に相談する。そのまま放置すると失明のおそれがある。コンタクトレンズを使用の時は、はずしてから洗眼。・飲み込んだときは、吐かせず、コップに1-2杯の水か牛乳を飲む等の処置をする。(異常がある時は医師に相談する。)・皮膚についた時はすぐに水で充分洗い流す。異常がある場合は皮ふ科医に相談する。(受診時は商品を持参する。)・使用中、目にしみたり、せきこんだり、気分が悪くなったときは、使用をやめてその場から離れ、洗眼、うがい等をする。成分次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム(0.5%)、界面活性剤(アルキルアミンオキシド)ブランド:ロケット石鹸日用品 > 家庭用品 > 防カビ・カビとり > 防カビ剤 >  製造元 ロケット石鹸原産国 日本内容量:300mlサイズ:幅85*奥行52*高さ185(mm)JANコード: 4903367301499 広告文責:ケンコーコム株式会社電話番号:0120?22 55 66

 <  前の記事 (ジョンソン)カビキラー つけかえ用 400mL★税込3150円以上で送料無料★[カビキラー]  |  トップページ  |  次の記事 【送料無料】アロン化成(株)エンドエルボUB(ユニットバス用)ベージュ★全品ポイント10倍!(P10倍)★★総額5250円以上で送料無料★【1222PUP10F】【激安祭】【送料無料1225】  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/3312

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。