Top >  ユニットバス関連 >  バリアフリータイプになっているユニットバス

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

バリアフリータイプになっているユニットバス

TOTOのユニットバスの壁には「HQパネル」が使用されていて、汚れがつきにくくなっています。
たとえ汚れが付着しても、落としやすくなっています。
床には「カラリ床」というものが使われていて、朝までに自然乾燥するようになっています。
バリアフリータイプにもなっていますから、容易に出入りすることができて、余計な心配するをこともありません。
実際、TOTOユニットバスを導入している大抵のマンションでは、脱衣室と浴室の段差がありません。
さらに、くもりにくい「ハイドロミラー」や、保温性に富んだ「QCパネル」といったものも採用されています。
浴槽に関しては、またぐ高さが42cmしかありませんので、誰でも簡単に出入りできるようになっています。
排水も「ワンプッシュ排水栓」というシステムになっていますから、かがむことなく排水することができます。

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 お湯が冷めにくいTOTOのユニットバス  |  トップページ  |  次の記事 広い風呂場を希望する人が多くなってきました  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6736

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。