Top >  ユニットバス関連 >  お湯が冷めにくいTOTOのユニットバス

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

お湯が冷めにくいTOTOのユニットバス

TOTOのユニットバスは、浴槽のお湯が6時間経過しても2℃くらいしか下がりません。
まるで魔法瓶のように冷めにくいので、魔法瓶浴槽という異名が付いているほどです。
さらに、標準装備として暖房換気扇が付いています。
経済性に優れた「やっぱりフローピア」という製品の場合には、追い炊き回数を減らすことができますので、燃料費が従来の70%も削減することができます。
この冷めにくさは、二重断熱構造によって実現されているそうです。
また、TOTO独自のスリム構造と配管の工夫を考慮することによって、ユニットバスの浴室の広さを短辺で10cm、長辺で5cmほど大きくすることができるようです。
ただし、状況によってはサイズアップが困難な場合もありますから、業者に相談することをお勧めします。
また、TOTOのユニットバスのドアには、ゴムパッキンやドア下換気口が付いていませんから、カビの発生が抑えられて、掃除やお手入れがすごく簡単になります。

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 ユニットバスを交換する場合  |  トップページ  |  次の記事 バリアフリータイプになっているユニットバス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6735

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。