Top >  ユニットバス関連 >  狭い空間の有効利用

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

狭い空間の有効利用

ユニットバスといっても、最近はトイレと浴槽が別々になっているタイプのものが多くなってきているのですが、ここでは、トイレと浴槽が一つの部屋に入っているタイプのユニットバスの入り方について、お話しさせていただきます。
一番悩まされるのは、浴槽に浸かりたい時に、身体を先に洗ってから浴槽に浸かるのか、浴槽に浸かってから身体を洗うべきなのか・・・という順序の問題です。
身体を洗ってから、浴槽にお湯を溜めようとすれば、冬なら寒くてたまりませんし、夏なら煩わしいですし・・・本当に困ってしまいます。
やっぱり、トイレ側を水浸しにしてしまわないためには、身体を洗うのも、身体を拭くのも浴槽内で済ませなければなりません。
とにかく、狭い空間をいかにして有効利用するか・・・これがポイントです。
なお、邪魔になるだけですので、シャワーカーテンは外しておく方が良いですよ。

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 ユニットバスの目の届かないところの掃除  |  トップページ  |  次の記事 ユニットバスの理想的な入り方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6759

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。