Top >  ユニットバス関連 >  介護が必要な人には入浴介助サービスを活用しましょう

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

介護が必要な人には入浴介助サービスを活用しましょう

介護を必要とする人が家庭にいる場合、ユニットバスもそれなりにリフォームするべきなのでしょうか?
答えは「NO」だと思います。
身体に障害を抱えている人の場合には、浴槽に入ることも大変危険ですから、シャワーだけを利用することになってしまいますよね。
一人だけで入浴しなければならないのであれば、手すりが必要になってきますが、とても危険ですから入浴介助サービスの利用をお勧めします。
自宅において、介護するための設備が欠かせないというお風呂場は、身体の運動に不自由を抱えている若い人にとっては有効でしょう。
しかしながら、高齢者で、手すりで対応できないほどの障害を抱えている人の場合には、転倒の危険性にさらされながら、素人が入浴の介助をする必要などありません。
入浴介助サービスを活用すれば、介護する人もされる人も安心して安全に入浴することができるのです。

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 介護する人がリラックスできる設備  |  トップページ  |  次の記事 どうしてもユニットバスが理解できません  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6750

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。