Top >  ユニットバスとは >  ユニットバスを徹底的に掃除しようと思ったきっかけ

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ユニットバスを徹底的に掃除しようと思ったきっかけ

築20年になる建物に住んでいるのですが、ユニットバスの浴槽と壁との隙間部分が気になっています。
普段、シャワーを浴びるだけですから、それほど掃除をしていないのですが、浴室内にカビはほとんど発生していません。
窓が付いているおかげで、換気が十分に行われているからでしょうか・・・。
それでも、タイルの目地の黒ずみが目立ってきたり、床にピンク色のカビが生えたりすることがありますから、カビとり剤やパイプ洗浄剤は手放せません。
浴槽の外側の壁部分を叩いてみると、ボコボコとした感触になっていたので、おそらく内部は空洞になっているのだろう・・・と、考えていたのですが、取り外しが可能な蓋であることが判明しました。
ですから、表面だけを丁寧に掃除したとしても、内部からカビの胞子が発生してしまったら直ぐに広がってしまうということです。
想像しただけでも、ゾッとしてしまいますよね。
最悪の状況になってはいけないと思い、内部を徹底的に掃除しようと決意しました。

自宅のお風呂で癒しを!
自分で使うのもよし、プレゼントするのもよし
人気入浴剤から面白入浴剤
入浴グッズを即日発送
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 <  前の記事 ユニットバスを快適に使うグッズ  |  トップページ  |  次の記事 ユニットバスの目の届かないところの掃除  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://fivebefor.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/6757

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ユニットバスいろいろ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。